to topto bottom

モバイルファースト時代のマルチデバイス対応を確実・簡単に

特徴

トップブランドには「理由」があります。

iモードの登場を受けて、日本初のモバイルコンテンツ変換ソフトウェアとして2000年に誕生したx-Servlet(クロスサーブレット)は、携帯電話・スマートフォンの歴史とともに進化を続け、パイオニアならではの豊富な実績と確かな技術によって、業界をリードしつづけています。

スマートフォンの「タッチ操作」にも対応

x-Servletの「タッチデザイン機能」を利用すれば、既存の携帯サイトにCSSコンポーネントを適用するだけで、スマートフォンのタッチ操作に適したユーザビリティとデザインを簡単に提供することができます。

450社以上の豊富な「導入実績」

x-Servletには、450社以上※の豊富な導入実績があります。Eコマース、百貨店、量販店、コンビニエンスストアといった小売業・流通業をはじめ、銀行、証券、保険などの金融業、中央官庁、地方自治体など幅広い分野で、品質、堅牢性、セキュリティを重視するお客様から高い評価を得ています。

※実績数は2014年現在

新端末にも2営業日以内で「迅速な機種対応」

x-Servletは、国内キャリアから発売されているスマートフォン・携帯電話の全機種に対応。新機種の発売後2営業日以内に機種情報が自動的に更新され、コンテンツ変換が可能になります。もちろん、スマートフォンについてはOSのバージョンアップにも対応しています。

実機調査で問題解決を支援する「安心のサポート」

技術資料だけを頼りにしても、コンテンツ変換をめぐる問題を確実に解決することはできません。当社の検証センターにはスマートフォンおよび携帯電話の全機種が揃っているため、実機による検証が可能。お客様の問題解決をしっかり支援します。

強固な「セキュリティ」

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどへの対策はもちろん、サニタイジング処理やセッションIDのワンタイム化などによってセキュリティの向上を図っています。セキュリティコンサルティング会社4社によるクロスチェックも受けており、信頼性の要求されるサイトでも安心してご利用いただけます。

ワンソース=マルチデバイスの優れた「費用対効果」

x-Servletは、ワンソースでスマートフォン・携帯電話の全機種に対応したモバイルサイトを実現できます。各機種固有の問題やキャリアによる仕様の違いを気にする必要がないため、モバイルサイト構築における工期短縮、開発コスト、保守コストの削減が可能になります。