to topto bottom

モバイルファースト時代のマルチデバイス対応を確実・簡単に

動作環境

1. x-Servletの稼働環境の条件
Java
オラクル(旧サン・マイクロシステムズ)JDK1.6.0_19 以降
JAI JAI(Java Advanced Imaging) Version 1.1.2 以降

x-ServletはピュアJavaで構成されているため、上記と互換のJava稼動環境のほぼすべてで稼動することが期待できます。

※ OpenJDKでは画像関連で1件の問題が報告されています。
メモリ
512MB以上

処理量に応じたメモリ容量が必要になります。

HDD
空き容量 1GB以上

x-Servletのインストールおよび処理量に応じたログファイル分の容量が必要になります。

2. 推奨環境

弊社が保有し、検証・再現を行う環境は以下の通りです。
最も確実なx-Servlet稼働環境として推奨します。

Java ※ オラクル(旧サン・マイクロシステムズ)JDK:Java Platform, Standard Edition Development Kit
x-Servletのバージョン 推奨 JDKバージョン
2.5.0 1.6.0_22
2.6.2 1.6.0_22
2.7.0 1.6.0_22
2.7.2 1.6.0_22
2.8.0 1.6.0_22
2.8.1 1.6.0_22
2.8.2 1.6.0_22
2.8.3 1.6.0_22,1.6.0_23,1.6.0_24
2.9.0 1.6.0_23,1.6.0_24,1.6.0_25,1.6.0_26
2.9.1 1.6.0_26,1.6.0_27
2.9.2 1.6.0_27,1.6.0_29
2.10 1.6.0_30,1.6.0_31,1.6.0_32
2.10.1 1.6.0_32,1.6.0_33,1.6.0_35,1.6.0_37,1.6.0_38
1.7.0_05,1.7.0_07,1.7.0_09,1.7.0_10,1.7.0_11
2.10.2 1.6.0_45
1.7.0_21,1.7.0_25,1.7.0_45,1.7.0_51,1.7.0_55,1.7.0_65,1.7.0_71
1.7.0_72,1.7.0_76
2.10.3 1.7.0_76,1.7.0_80
1.8.0_31,1.8.0_45,1.8.0_51,1.8.0_60,1.8.0_66,1.8.0_72,1.8.0_92
1.8.0_102,1.8.0_112,1.8.0_121,1.8.0_141
JAI (Java Advanced Imaging)
1.1.2_01
ピュア Javaモードで使用
(起動オプション:-Dcom.sun.media.jai.disableMediaLib=true)
OS
RHEL 6(Red Hat Enterprise Linux Version 6) [32/64bit]
RHEL 7(Red Hat Enterprise Linux Version 7)
Windows Server 2008 [32/64bit]
Windows Server 2012 R2※1
Windows Server 2016※2

※1 「タスクスケジューラ」を用いた自動起動を設定する場合は Windows Server 2008とは異なる設定にする必要があります。

※2 「タスクスケジューラ」を用いた自動起動からx-Servletを停止させるには別途バッチファイルを実行する必要があります。

注意が必要となる環境の組み合わせ
OS JDK x-Servlet 詳細
すべてのOS すべてのJDK Version2.8.0以下 画像変換時にメモリリークが発生してメモリ不足となる場合がある。
すべてのOS JDK1.7.0_25以上 Version2.10.1以下 透過GIF、透過PNGを使用した場合に画像が正常に表示されない。またはハングアップする場合がある。
すべてのOS JDK1.8.0以上 Version2.10.2以下 1px四方の透過GIF、透過PNGを使用した場合にエラーが発生する。またはハングアップする場合がある。
すべてのOS JDK1.8.0_101以上 Version2.10.3以下 1px四方の透過GIF、透過PNGを使用した場合にエラーが発生する。またはハングアップする場合がある。
すべてのRHEL すべてのJDK Version2.8.0以下 画像変換時にエラーが発生する場合がある。
すべてのWindows Server JDK1.6.x すべてのバージョン パフォーマンスの低下やハングアップが発生することがある。
Windows Server 2008 [32bit] JDK1.7.0_40以上 すべてのバージョン x-Servlet起動直後の最初のリクエストがInternalServerErrorとなることがある。