to topto bottom

モバイルファースト時代のマルチデバイス対応を確実・簡単に

価格とライセンス

お客様の用途・目的・規模に合わせて柔軟にお選びいただけます。

価格
製品価格表
タイプ
製品名 価格(税抜)
x-Servlet運用ライセンス for SaaS Edition ¥2,980,000
Enterprise Edition ¥1,980,000
Lite Edition
¥980,000
x-Servlet開発ライセンス Developer Edition ¥380,000
x-Servlet追加ドメインライセンス Additional Domain ¥150,000
x-Servlet評価ライセンス Evaluation Edition 無料
保守費用 保守サービス(年間契約) 製品価格の15%
  • ※ x-Servletのライセンス(for SaaS Edition、Enterprise Edition、Lite Edition、Developer Edition)は、x-Servletをインストールまたは動作させるサーバのCPU数分が必要です。
  • ※ x-Servletを仮想化されたサーバ上で使用する場合は、下記をご参照ください。
  • ※ 「Enterprise Edition」、「Lite Edition」は変換元として1ドメイン指定可能です。複数ドメインを指定する場合は、弊社までお問い合わせください。
  • ※ x-Servletの《ドメイン数》とは、変換対象の接続先ホストの数です。 参考
  • ※ 「for SaaS Edition」は変換元としてドメイン数の制限はありません。
  • ※ 「Lite Edition」は同時リクエスト数が50までに制限されています。
  • ※ 「Lite Edition」は複数ドメインの指定および冗長化ができません。
  • ※ 「Developer Edition」は開発専用のライセンスです。本番運用には使用できません。
  • ※ 「Developer Edition」から「Lite Edition」または「Enterprise Edition」へのアップグレードはできません。
  • ※ 「Evaluation Edition」は機能評価専用のライセンスです。開発、本番運用には使用できません。
  • ※ 「for SaaS Edition」とは、x-Servletの共有化利用の禁止事項を解除して、1つのライセンスに対し複数のエンドユーザ利用を可能にしたライセンスになります。
オプションサービスについて
導入支援サービスのご案内

x-Servletのインストールや各種パラメータ設定、動作確認など、お客様のシステム構築と安定した運用をサポートします。

インストール作業 料金は個別お見積りとなります。
パラメータ設定支援 料金は個別お見積りとなります。

上記以外の作業につきましても、一括対応から個別での対応も可能ですので、まずは《お気軽にご相談》ください。

各Editionの比較と、仮想化環境におけるライセンスの扱いについて

各Editionにおける機能や利用条件の違いは、下記の表をご参考にしてください。

各Editionの比較
  for SaaS
Edition
Enterprise
Edition
Lite
Edition
Developer
Edition
Evaluation
Edition
全機種対応 対応 対応 対応 対応 制限あり
変換元
ドメイン数 ※1
初期 無制限 1 1 5 1
追加   × × ×
画像変換
負荷分散 × ×
同時リクエスト数 ※2 10,000 10,000 50
30 10,000
保守サポート あり あり あり あり なし
商用利用 × ×
使用期間 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし 30日
  • ※1 「x-Servlet」の《ドメイン数》とは、変換対象の接続先ホストの数です。 参考
  • ※2 「x-Servlet Version 2.8.x」以降のバージョンでの数値となります。
  • ※2 「x-Servlet Version 2.7.x」以前のバージョンにおきましては、「5 (Lite Edition)」、「3 (Developer Edition)」の同時リクエスト数となります。
仮想化環境におけるライセンスの扱い

物理的なCPU数に依存しない仮想化環境にx-Servletをインストールする場合は、x-Servletが稼働する仮想OS毎にライセンスが必要となります。

  • 各仮想OSのx-Servlet割当てコア数の4コアを1単位としてライセンスが必要です。
  • 1単位に満たない端数(3以下)のコアは端数につき1ライセンス必要です。
  • 追加ドメインライセンスは、必要となるx-Servletのライセンス数毎に必要です。
    (※x-Servletの《ドメイン数》とは、変換対象の接続先ホストの数です)
仮想環境における、ケース別ライセンス数

以下に、必要となる「x-Servlet」のライセンス数を、ケース別に明示しましたのでご参照ください。

CASE 1 [ x-Servletライセンス数: 1 ]

4コアの物理CPUを2つ搭載した物理サーバに、[2コア]を割り当てた「1つ」の[仮想OS]を立て、
[x-Servlet 起動プロセス]を「1つ」稼働させる場合。

上記の場合に必要となる「x-Servlet」のライセンス数は[ 1 ]となります。

CASE 2 [ x-Servletライセンス数: 2 ]

4コアの物理CPUを2つ搭載した物理サーバに、[2コア]を割り当てた「2つ」の[仮想OS]を立て、[x-Servlet 起動プロセス]をそれぞれ稼働させる場合。

上記の場合に必要となる「x-Servlet」のライセンス数は[ 2 ]となります。

CASE 3 [ x-Servletライセンス数: 5 ]

8コアの物理CPUを3つ搭載した物理サーバに、[8コア]を割り当てた「1つ」の[仮想OS]と、[12コア]を割り当てた「1つ」の[仮想OS]を立て、[x-Servlet 起動プロセス]をそれぞれ稼働させる場合。

上記の場合に必要となる「x-Servlet」のライセンス数は[ 5 ]となります。

CASE 4 [ x-Servletライセンス数: 4 ]

4コアの物理CPUを2つ搭載した物理サーバに、[2コア]を割り当てた「1つ」の[仮想OS]と、[1コア]ずつ割り当てた「2つ」の[仮想OS]、そして[4コア]を割り当てた「1つ」の[仮想OS]を立て、[x-Servlet 起動プロセス]をそれぞれ稼働させる場合。

上記の場合に必要となる「x-Servlet」のライセンス数は[ 4 ]となります。

お気軽にご相談ください

x-Servletつきまして、ご質問、ご不明な点などございましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

受付時間:月~金曜日 10:00〜18:00(祝祭日・当社所定の休日を除く)
18:00以降のお問い合わせは翌営業日になる場合がございます。