to topto bottom

モバイルファースト時代のマルチデバイス対応を確実・簡単に

業務の価値を高めるスマートデバイス活用 ~事例がひも解く成功の秘訣~

こちらのイベントは終了しました。
皆さまの多くのご参加、誠にありがとうございました。

[満員御礼]業務の価値を高めるスマートデバイス活用 ~ 事例がひも解く成功の秘訣 ~

平素は弊社クロス製品及び検証サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。今年もご利用いただいているユーザー様へ感謝の意を込め、モバイルに関する最新動向を参考にしていただくべく、クロスユーザーカンファレンスを開催する運びとなりました。

ここ数年MDMをはじめとして、スマートデバイスを業務で活用するための管理ツールやセキュリティ製品は様々なメーカーから提供され、それらの製品を導入してスマートデバイス業務利用の環境を整えられた企業が増えております。

現在、スマートデバイスの業務利用は「第2ステージ」ともいえる活用段階に入っています。
既存の業務システムをスマートデバイス対応することで、社外における業務処理の拡大を実現し、社外での業務を前提としたSCM企業戦略を中心戦略に据える企業事例がございます。
また、SNSユーザーと自社製品評価を結び付けるなど、マーケティング戦略に活用しようという企業もございます。

今回のユーザーカンファレンスでは、スマートデバイスの業務活用を戦略的視野に入れつつ、その第一歩を取り組み始めた企業様の事例を中心に、各セッションでご講演をいただきます。

貴社の今後のスマートデバイス戦略にご参考になる内容になっております。
ご多忙な時期かと思いますが、是非ご参加いただければ幸いでございます。

開催概要

クロスユーザーカンファレンス 2014
日時 2014年10月24日(金)14:00~17:30(開場 13:30)
会場 東京コンファレンスセンター・品川 4階 406
(アレア品川 4階 地図へ
参加 無料 定員 100名
主催 株式会社KSK
フレックス・ファーム ビジネスユニット

開催プログラム

講演内容
時間 内容
13:30開場(受付開始)
14:00-14:10ご挨拶
14:10-14:50

【特別講演】
業績を上げる↑O2Oソリューション ~ 成功事例の裏側 ~

スマートフォンやタブレット端末による、ソーシャルメディアの急速な普及を背景にO2O(オー・ツー・オー)を採用する企業は増えています。
O2Oにも様々な手法があり、具体的な業績を上げる最適な施策はその企業の業態や課題によって異なります。どのような手法のO2Oが成果をあげているのか、実際の成功事例をあげながら、そのポイントを分かり易く解説いたします。

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
営業本部
担当部長/Web戦略コンサルタント
古海 寛 氏

14:50-15:00休憩(10分)
15:00-15:40

【特別講演】
スマートデバイスで「業務効率化」実現のために必要な考え方

伊藤忠商事グループの住宅メーカー「イトーピアホーム株式会社」では、全社情報の統合化とスピード向上をキーワードに全社基幹システムの刷新を図ると同時に、外出先での業務効率化実現のひとつとしてスマートデバイスの導入を行いました。
全社情報の社内外での活用方法、必要な体制構築からプロジェクトの進め方、またワークスタイル変革に向けた意識改革等、今回の取り組みをユーザー企業の立場でご講演いただきます。

イトーピアホーム株式会社
システム企画室
室長
岩月 義明 氏

15:40-16:20

【特別講演】
企業内コンテンツの運用はAppStoreやGoogle Play、YouTubeに学べ!
モバイル向けアプリケーション管理やコンテンツ管理の業務実例

企業内アプリやコンテンツをPCに配信することは、イントラネットの整備が済んだいま、あまり手間をかけずに実行できる仕組みができていることでしょう。一方、スマートデバイスに対してはいかがでしょうか?
当セッションでは従業員向けのスマートデバイスアプリ配信やコンテンツ配信を行うためにAppStore、Google Play、YouTube、Dropboxなどのサービスのような企業向けアプリ・コンテンツ管理を使用し運用している事例を中心に今後のモバイル活用についてお話させていただきます。

SCSK株式会社
流通システム事業本部
流通システム第一部
Curlプロダクト課
マネージャ
三野 凡希 氏

16:20-16:50休憩[懇親会](30分):軽食をご用意させていただいております。
16:50-17:10

業務システムにおけるアプリとWebの選択方法

業務システムへのスマートデバイス導入には、大きくWebとアプリの選択肢があります。
どちらを選択し、どのように導入していくか。選択のキーポイントをご紹介します。また、当社の構築事例として図面編集アプリと検査業務報告アプリを取り上げ、業務処理をタブレットを使って現場で行い、業務効率の向上を実現する手法をご紹介します。

株式会社KSK
ITソリューション事業部
タブレット推進室
渡辺 忍

17:10-17:30

x-fit/x-Servlet製品ロードマップ

今日、Webサービスにおけるスマートデバイス対応には、様々な手法が存在します。
ただし、依然として多様化するデバイスやブラウザ、OSにおいて開発・運用のコスト削減、コンテンツ運用・管理の効率化は変わらぬ課題となっております。
弊社では、長年のコンテンツ変換の実績・ノウハウを活かし、引き続きそれらお客様の悩みを解決するためのソリューションを提供してまいります。
FlexFirmの“これから”のアプローチを紹介いたします。

株式会社KSK
ITソリューション事業部
フレックス・ファーム BU
濱野 吉明

17:30 閉会

※講演内容は諸事情により予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

アクセス

日時:2014年10月24日(金) 14:00~17:30 (開場 13:30)
会場:東京コンファレンスセンター・品川 406 (アレア品川 4階)
お問合わせ:株式会社KSK フレックス・ファーム TEL: 03-5365-2800

掲載されている会社名・製品名等につきましては、各社または各団体の商標または登録商標です。

タグ: 
x-fit
x-Servlet
実機検証サービス